Create xReality

ここにないリアルを創る

ダフトクラフトは、デジタル空間において人が人らしく活躍できるプロダクトを提供する、xRコンテンツ開発企業です。

ARやVR、MRを活用し、人がもつ「身体性」や「感情」をデジタル空間に取り入れることを実現しています。

ダフトクラフトは、デジタル空間において人が人らしく活躍できるプロダクトを提供する、xRコンテンツ開発企業です。

ARやVR、MRを活用し、人がもつ「身体性」や「感情」をデジタル空間に取り入れることを実現しています。

ニュース

サービス

なぜ今 xR が注目されるのか

インターネット、スマートフォン、アプリなどの普及により
情報量が爆発的に増え、時間と距離を超えたビジネスが当たり前となりました。

しかし同時に、情報のやりとりだけに閉じた世界を押し進め、
広さ、臨場感などの「空間」と、身体性や感情といった「人間らしさ」を欠いています。

xR(エックスアール、エクステンデッド・リアリティ)は
私たちが日々活動している 現実(物理空間)がもつ豊かな臨場感 や、
身体が紡ぎ出す感情など 目に見えない大切なもの 
デジタル空間に持ち込もうとする試みです。

「画面」という狭さ

大半のIT機器は比較的小さな「画面」で、すべてのやりとりを行います。

「空間」という広さ

xRを用いれば、あらゆる物体、人物は「空間」に投影されます。歩き回れるほどの「空間」という広さは、画面とは比べものにならない情報量です。

「情報」= 現実ではない

情報機器で取得・発信しているのは断片的な「情報」であり、現実らしさを反映していません。

「現実」がもつ豊かさを感じる

太陽の光を眩しく感じたり、音を聞いて近くに川があると気付いたりと、xRが五感を刺激することでまるで「現実」かのような豊かな臨場感が生まれます。

「体の一部」に閉じた対話

テキスト、顔、声のやりとりだけで、人間らしいコミュニケーションを取ろうと無理をしています。

「身体」が雄弁に語る

アバターとして顔を向ければ、誰を見ているかが伝わるように、手振り、拍手、専門的な機械の操作方法なども「身体」の動きから意図が瞬時に伝わります。

実績・プロダクト事例

Digital Campfire

デジタルキャンプファイヤー

要件のみ伝えがちのTV会議は効率は良いですが、チームワークやコミュニケーションの質の低下が懸念されます。人が太古から親しむ火を囲み、自然なつながりを取り戻すことを目指したプロダクト。

Train Poc × Multi xR

電車内体験の検証 VR × 多人数同時参加

株)JR東日本情報システム様と取組中のPoCです。物理空間をデジタル上に再現し、複数人で身体ごと入り体験と計測ができるプロダクト。リモート対応しており、離れた拠点の人と議論やアウルビジョンによる空間レポートも閲覧することが可能です。

スポーツ観戦

バレーボールやサッカーなどで、スマホ、タブレット、ARグラスなどの端末を使って、次世代スポーツ観戦が楽しめるアプリ開発の企画段階から参画。大手携帯キャリア様の5G体験イベントで使用されました。

プラン

PoC開発

気軽なご相談から初め、お客様のご要望と案件の特性をリサーチし、提案内容をコンセプトとして定義。PoC(概念実証)として検証できる開発物まで仕上げます。

コンサルティング開発

PoC開発に加え、多人数での空間内コミュニケーション、弊社分析ツールによる検証、複数デバイスを横断したxR体験など、実用的な製品を提供します。

BLOG

ブログ

Scroll to Top