OWL VISION

Owl Vision(オウルビジョン)は、VRコンテンツ内のUXをすべて可視化し、空間内での目線や導線を最適化するためのツールです。

全身の動きをデータ化して集積、可視化する

必要条件
あらゆるデバイスを通して、データを集積し、他の分析用ツールと連携すること
ターゲット
コンテンツ制作 or 提供会社や、製造の現場を想定

Owl Vision 機能紹介

視線(視点)位置サマリー表示機能

目線誘導の最適化のための機能。空間内のオブジェクトに衝突した視線位置をサマリー化します。

VR空間内のユーザーアクション軌跡表示機能(Position Summary)

空間内の導線改善のための機能。HMD(ヘッドマウントディスプレイ)やコントローラーの移動の軌跡を表示します。

Owl Vision アーキテクチャ

AWS, Azule, GCP などのメジャークラウドサービスに柔軟に対応します。

Owl Vision で可能な分析手法例

定性分析(ABテスト)

複数のウィンドウごとに、オブジェクトトラッキングデータを表示し、比較する。重複加算、重複減算などで比較し、差分を抽出、課題発見に役立てます。

ファネル分析

特定のユーザー行動をイベント化し、集計、可視化しファネル分析に活用が可能です。

クロス分析

ユーザー属性を取得する機能を活用し、ユーザーとユーザー行動のクロス分析を促進させます。定量データに関しては、集計したい項目は事前に準備し、集計時、フォームから選択してサマリを表示します。

基本指標データサマリ分析

プレイ回数やインストール数など、コンテンツごとに定義した基本指標を日別、週別、月別で表示します。