実は毎日使っている!?日常に溶け込む「デジタルツイン」技術をご紹介!

XR業界動向

    HOME    >    BLOG    >    実は毎日使っている!?日常に溶け込む「デジタルツイン」技術をご紹介!

私たちが暮らす現実空間を、デジタル世界で双子のように再現する技術:デジタルツイン。製造業DXや都市開発の文脈で目にすることが最近増えてきたのではないかと思います。特に最近では、東京都や国土交通省によって日本の都市の3Dモデルが公開されるなど、国をあげての取り組みを発表したことで注目度が高まりました。

とはいえ、デジタルツインはまだまだ新しい言葉で、はっきりとイメージを掴めていないという方も多いのではないかと思います。そこで今回は、「デジタルツインとは一体なんなのか」をスッキリ理解していただけるように、身近な例を交えてご紹介していきたいと思います。

デジタルツインとは

デジタルツインとは、現実空間にまつわる情報をデータ化して集め、デジタル空間上にその姿を再現する技術のことです。

デジタルツインを作るために収集する「現実空間にまつわる情報」とは、ありとあらゆるものを指します。
例えば、建物の数・大きさや道路のような私たちの身の回りに存在する物体。また、人流や物流、電気・水道・ガスの使用状況など、明確に目には見えないけれど人が活動しているからこそ発生するものも、現実空間にまつわる情報です。さらに、温度・湿度・天気など私たちの生活と密接に関わる自然や、人間の生体情報、人間の視線や体の動きなど、私たち自身に関する情報も含まれます。

情報を収集するための方法は、
● IoTセンサー(気温・湿度・人感)
● トラッカー(生体・視線・体)
● 映像・画像解析(カメラに写っている範囲に車が何台いるか)
など。環境に合わせて情報収集のためのデバイスを選ぶことができます。

デジタルツインの用途として一番期待を集めているのは「シミュレーション」です。
例えば、
● 現実空間で災害が起こったときに物流や人流にどのような影響が出るかをデジタル空間でシミュレーションする
● アスリートと全く同じ体型・重さのデジタルツインを作り、トレーニングによって骨や筋肉にどんな変化が起きるかシミュレーションする
といった形での利用が期待されており、各所で研究や実証実験が進められています。

デジタルツインの事例紹介

「デジタルツインって、説明を聞いたらやっぱりなんだか小難しくて、実際に取り入れるイメージが湧かないなぁ」そんな風に思った方のために、ここからは私たちの生活に馴染みのある事例をご紹介していきます。

 

Mini Tokyo 3D

https://minitokyo3d.com/
 

こちらはWeb上で公開されている「Mini Tokyo 3D」というデータビジュアライゼーションで、「東京」のデジタルツインになっています。草薙昭彦さんというプログラマーさんによって作成されました。小さな東京が箱庭のように再現されていて、よく見てみると少しずつ動いている電車の車両がなんだか可愛らしいですよね。

仕組みとしては鉄道や航空の運行状況などの動的データを定期的に取得し、リアルタイムに反映させ、可視化するというもの。こちらはデジタルツインの活用方法というよりは、デジタルツインそのものを感覚的に理解するのにぴったりな事例です。

 

Apple – Face ID

次は、iPhoneやiPadに搭載されている「Face ID」。2017年発売のiPhone Xに初めて搭載されてからもう5年が経ちました。

この技術が収集するデータは、iPhoneの持ち主の顔面の凹凸です。3万点以上もの赤外線のドットを顔に照射し、立体的に顔の形状を捉え、データ化する。その3Dデータをロック解除のための「鍵」として使うようなかたちになっています。
iPhoneのなかに実は自分の顔のデジタルバージョンが保存されていると考えると、「デジタルツイン(デジタルの双子)」という言葉が一番しっくりくる用途のように感じますね。

 

ZOZO – ZOZOSUIT

最後にご紹介するのは、大手ファッション通販サイト「ZOZO TOWN」から2017年に発表された「ZOZOスーツ」です。発表当時は、黒の全身タイツに白の水玉模様が消費者に大きなインパクトを与え、ネット上で大変話題になりました。

この技術は、体にピッタリとフィットするZOZOスーツを着ることで体の至る所にマーカーをつけることができ、カメラで撮影した画像からマーカーの位置を解析、その解析結果から3Dデータを作り、数値とともに可視化することができます。ユーザーはその結果にマッチする洋服のサイズを試着なしで把握することができます。

ご紹介している動画の「ZOZOSUIT 2」では、単にファッション通販を助けるだけでなくヘルスケアへの応用について発表されており、自分の体を客観的に理解するためにデジタルツインを作るというアプローチをとっていることがわかります。

 

デジタルツインを作ろう

ダフトクラフトでは、「人の振る舞いを計測・可視化する」XRシステム、「Owl Vision」を開発しています。体験者の脳波・心拍などの生体データや、IoTで収集する環境データ、体験者の視線推移データなど、様々な要素を収集・記録することができます。都市や地形など大きなスケールのデジタルツインではなく、身の回りや人の周りのデジタルツインが作りたいという方にお勧めのサービスとなっています。

開発のご相談やデジタルツインについての質問はこちらからお気軽にどうぞ!

BACK