Insta360 ONE Xのご紹介|【Insta360入門 #1】

XRテクノロジー

    HOME    >    BLOG    >    Insta360 ONE Xのご紹介|【Insta360入門 #1】

360°映像・写真を撮影できるカメラのブランドとして知られている「Insta360」。カメラが趣味の人にはもちろん、最近はビジネスの現場でも使われることが増えてきています。

そんなInsta360シリーズのカメラを3台所有しているダフトクラフトが、それぞれの機種の使い勝手や魅力をご紹介する【Insta360入門】ブログシリーズをはじめます。

第1回の今回ご紹介するのは、Insta 360 ONE X
2018年10月発売の、シリーズの基礎となったモデルです。

専用アプリでなんでもできる

本体自体の操作は大小二つの丸いボタンを使いますが、ほとんどの機能は全て専用アプリから操作します。アプリからこのデバイス操作のチュートリアルを体験することもでき、さまざまな撮影方法を知ることができます。また、映像編集機能もかなりカバーされているため、PCに映像編集ソフトが入っていない方でも簡単にかっこいい映像を作ることができます。

ここまでくると、本体のボタン操作が必要なのは電源をオン・オフするとき程度。基本的にはスマートフォンで操作するものだという認識でよさそうです。2つのデバイスの充電環境をしっかり用意して使用しましょう。

5.7K撮影の魅力

4K撮影ができる360°カメラは多くありますが、こちらのInsta 360 ONE Xは5.7K(5760×2880)の超高解像度で撮影が可能。シンプルで手軽な作りのデバイスですが、ワンボタンでプロ級クオリティの映像を撮影できます。

高解像度な360°素材が役に立つのは「思い出を残す」場面だけではありません。作業現場を現状復帰するときの参考写真や、不動産の内覧用写真も、高解像度の方が習得できるデータが多くなります。空間の記録をワンカットで完結できる+高解像度で残せるのがInsta360 ONE Xの魅力だと感じました。


 

以上、Insta360 ONE Xのご紹介でした。

株式会社ダフトクラフトでは、360°VR映像を使用したシステム・アプリ・コンテンツの開発を承っています。「VRコンテンツを作ってみたいけど、まずは簡単なものから試したい」「360°カメラは持っているけど、撮影データをうまく活用できていない」そんなお悩みをお持ちの方はぜひ一度、お気軽にご相談ください。

 

関連リンク

360度映像を活用!第一線人材教育システム「Training360」

BACK