行動計測&可視化ツール : Owl Vision

XR研究開発

    HOME    >    WORKS    >    行動計測&可視化ツール : Owl Vision

自然に過ごしているだけで、「より良い空間づくり」のヒントが貯まる

Owl Visionは、デジタル空間内での人の振る舞いを計測し、可視化するツールです。VRデバイスを身につけた体験者が、VRコンテンツを自然に楽しんでいる間に、Owl Visionは体験者の視線の推移や体の動きを計測・記録します。

●長く体が向いていた方向
●何度も視線が帰ってきていた場所
●気温や湿度などの体験環境(IoTセンサー連携時)
●快/不快などの体験者の感情(脳波計連携時)

などを同時に計測・記録することができ、記録した内容はヒートマップ形式の360度映像として、VR上でそのまま確認することが可能です。

作ってからわかる「これ、使いづらい」をなくすために

「標識があるのに気づいてもらえず、一時的に張り紙を足すことになった」
「なんのボタンか書いてあるのに、操作を間違える人が多発する」

こんな問題が起きた時、スマートフォンアプリ開発であれば、ユーザーの声を基にすぐにデザインを修正することができます。ですが空間・プロダクトデザインでは、ユーザーの声を基に修正版を作るということは簡単にはできません。

プロダクトが全国に流通してから、建築物が建ってから、「これ、使いづらい」とわかる。そんなことが起きるのを防ぐために、Owl Visionはデジタル空間内で人の振る舞いをシミュレーションし、集めたデータを設計プロセスに還元することで、より良い空間・プロダクトデザインを助けます。

●プロダクトの特徴

Owl Vision 紹介動画より : https://youtu.be/oRxusPLbV_E

Owl Visionは以下の3ツールから成るツール群です。お客様のご要望に合わせて、必要な部分をピックアップしてご利用いただくことも可能です。

体験 

シミュレーションしたい空間やオブジェクトを3Dデータに起こし、VR空間でシミュレーション。複数台のVR端末があれば、同一空間内に複数ユーザーで集まり、ボイスチャットなどのコミュニケーションを取ることも可能です。

計測 

VR空間でのシミュレーションを行なっている時、ユーザーそれぞれの身体の動き・行動遷移・環境データ・生体データを、計測し記録することができます。

考察 

計測・記録したデータを、ヒートマップ形式の360度映像として、VR空間内に可視化することができます。こちらもVR端末を身につけた複数ユーザーで確認することができます。また、ファネル分析やクロス分析などさまざまな手法で分析し、レポーティングファイルを作成することも可能です。

What We Can Offer

私たちが対応できる技術

  • 対応技術
  • 3D Printing
  • Image analysis(ML)
  • Speech to Text(ML)
  • Biosensor
  • Realtime Server
  • Photogrammetry
  • Motion Tracking
  • GPS
  • Drone
  • BIG DATA
  • DATA Analysis
  • VR Communication
  • LiDAR
  • 対応エンジン
  • unity
  • 現在Unityに対応したSDKがあります。
    その他のEngineも将来的に対応予定です。
  • 対応機器
  • Oculus
  • vive
  • pico
  • nreal
  • microsoft
  • アイトラッキング付きのハイエンドハードウェアを含む主要なVR/AR/MRヘッドセットに対応しています。

  • iOS
  • Android

CONTACT US

お気軽にお相談ください。